会社概要

パスロジ社は、認証セキュリティ製品を主要ビジネスとするソフトウェアベンダーです。
急発展を遂げるネットワーク社会において、安心かつ安全なセキュリティを提供し、その発展に貢献できる企業を目指して活動しています。

 

社名 パスロジ株式会社(Passlogy Co.,Ltd.)
住所 東京都千代田区神田小川町3-26-8 ユニゾ神田小川町三丁目ビル
設立 2000年2月24日
資本金 1億円
業務内容 セキュリティソフトウェア開発販売
役員構成 代表取締役社長 小川 秀治
取締役CFO   光野 元彦
取締役(社外) 吉田 惠子(公認会計士・芝会計事務所代表)
取締役(社外) 石井 裕一郎(工学博士・特定侵害訴訟代理業務可能弁理士)
監査役(常勤) 上西 義行
特許関連依頼先 芦田・木村国際特許事務所
特許権取得 【25件】日本 【10件】米国 【4件】中国 【3件】イギリス、韓国、オーストラリア、スペイン、ドイツ、フランス 【2件】カナダ 【1件】オランダ、シンガポール、スイス/リヒテンシュタイン、フィンランド、メキシコ、アイルランド、イタリア、オーストリア、スウェーデン、デンマーク、トルコ、ベルギー、モナコ、ルクセンブルク、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾
【合計77件】(2018年10月時点)
加盟(参加)団体

知的財産権について

パスロジ社は、マトリクス型のワンタイムパスワード「PassLogic(パスロジック)」を最初に考案した会社であり、全世界を含めて、唯一、 PassLogicの知財ライセンスを実施できる会社となっています。
パスロジ株式会社が所有する特許技術群は、各社に高く評価されており、NTTコミュニケーションズ株式会社「モバイルコネクト」等、大手各社サービスへのライセンス供与を実施しております。
パスロジック方式は、パスロジ社のオリジナル技術ですので、パスロジ社の製品は日本国内だけでなく、海外からの利用・海外での利用等、ワールドワイドのシステムでも安心してご利用いただけます。 なお、ユーザが「自社開発」または「パスロジ社のライセンスを受けずに販売されている製品の購入」等により、パスロジ社からのライセンスを受けずに利用されますと、特許侵害となる場合があります。 このような事件を避けるためにも、知財ライセンスがしっかりした、パスロジ社の製品をご指名いただきますようご協力をお願いいたします。

沿革

  • 1997年:「乱数表から抜き出してワンタイムパスワードを生成する」システム「パスロジック方式」を発明
  • 2000年:パスロジック方式が米国特許(US6141751)を取得
  • 2000年:パスロジック方式の技術ライセンスを日本企業へ提供する会社として株式会社セキュアプロバイダを設立
  • 2005年:パスロジック方式を2経路にし強化したシステムが日本国特許(JP3809441)を取得
  • 2006年:特許取得を契機に、VC2社より出資を受け、オリジナル認証サーバ製品の開発を開始
    社名を株式会社セキュアプロバイダからパスロジ株式会社へ変更
  • 2007年:認証サーバ製品群を販売開始
    「INTEROP TOKYO 2007」でセキュリティ部門特別賞受賞
  • 2009年:パスワード変更方法が日本国特許(JP4275080)を取得
  • 2014年:「PassLogic」発行ライセンスが100万IDを突破
  • 2014年:世界初の表示形式を採用したパスワード生成・管理アプリ「PassClip」の提供開始
  • 2017年:認証セキュリティ情報サイト「せぐなべ」運営開始

アクセス

所在地:東京都千代田区神田小川町3-26-8 ユニゾ神田小川町三丁目ビル

交通手段

  • JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩7分
  • 都営新宿線 小川町駅 B5出口 徒歩6分
  • 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3b出口 徒歩5分
  • 東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A5出口 徒歩7分
  • 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・三田線 神保町駅 A5出口 徒歩9分